Exercise to health

クリニックの治療

専用のクリニックを利用すれば、ゆるんでしまった膣を縮小する治療を受けることができます。
その治療にはさまざまなものがあり、なかでも代表的なのは「ヒアルロン酸注入」や「縮小手術」です。
そこで、ここでは膣を縮小させる治療についてご紹介します。

ヒアルロン酸注入とは、その名の通りゆるんでしまった膣にヒアルロン酸を注入し縮小させます。
メスを使用しない、とても簡単な治療であるため、約10分で終了します。
治療を受けたその日から性交渉を行うことも可能なため、気軽に受けることができます。
そのほかの治療に比べ、価格も安価であることが多いため、経済的な負担も軽く済ませることが可能です。

縮小手術とは、その名の通り手術によって膣を縫い縮めていきます。
この治療を受ければ、膣を縮小させ、その状態を半永久的に維持することができます。
手術ということもあり、「傷ができるのでは?」と不安になる方もいるかもしれませんが、傷はきれいに治ります。そのため、治療後の見た目を気にすることなく、その後の性交渉を楽しむことができます。

膣を縮小させる治療には、ほかにも「ビビーブ」や「パールフィラー」などが挙げられます。
膣のゆるみを改善するために治療を受けるのなら、これらの治療の特徴やメリットを把握しましょう。
そうすれば、自分に合った治療を選ぶことができ、より効果的に膣のゆるみを改善することができます。
クリニックによって扱っている治療が異なる場合があるため、クリニックを選ぶ際は、希望する治療を扱っているかどうかという点もしっかりと確認しましょう。

Top